Food baking device

食品炙り装置

Abstract

【課題】大型の積分管を使用する必要がなく、装置自体を小型化することができると共に発熱箇所を低減して作業者の危険性を軽減する。食品に対する赤外線の照射時間を簡易に調整することができ、各種の食品に対応して表面のみに焼き目を効率的に付ける。食品の大きさ(高さ)に対応して赤外線ヒータとの間隔を可変して各種の食品に対応して表面のみに有効な焼き目を効率的に付ける。【解決手段】炙り領域内に搬入された食品(3)の表面に対し、赤外線ヒータ(25)から出力される近赤外線〜中波赤外線の赤外線を照射して焼き目を形成する。【選択図】図1
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a food baking device itself can be downsized without needing the use of a large-sized integral tube and reduced in a heat evolution portion to lighten the jeopardy of an operator, and the exposure time of an infrared ray to a food thereby to make a bake efficiently on only the surface in a manner to correspond to various foods, and, in a manner to correspond to the sizes (heights) of various foods, the distances from an infrared ray heater are made variable to form effective burn marks on only surfaces in a manner to correspond to various foods.SOLUTION: The surface of a food (3) carried in a baking area is irradiated with the infrared ray of near infrared radiation to middle infrared radiation outputted from an infrared heater (25), thereby to form a baked portion.SELECTED DRAWING: Figure 1
【課題】大型の積分管を使用する必要がなく、装置自体を小型化することができると共に発熱箇所を低減して作業者の危険性を軽減する。食品に対する赤外線の照射時間を簡易に調整することができ、各種の食品に対応して表面のみに焼き目を効率的に付ける。食品の大きさ(高さ)に対応して赤外線ヒータとの間隔を可変して各種の食品に対応して表面のみに有効な焼き目を効率的に付ける。 【解決手段】炙り領域内に搬入された食品(3)の表面に対し、赤外線ヒータ(25)から出力される近赤外線〜中波赤外線の赤外線を照射して焼き目を形成する。 【選択図】図1

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle