自動水栓

Automatic water tap

Abstract

【課題】センサのセンサ窓への水滴の付着を抑制できる自動水栓を提供する。 【解決手段】自動水栓10は、吐水管本体部14aと、検知対象物の存否を検知する自動センサ24と、自動センサ24により検知対象物が検知された場合に吐水する吐水口部材と、自動センサ24を吐水管本体部14aの先端部14cの内部に保持する保持部材30とを備える。保持部材30は、自動センサ24のセンサ窓24aを露出させるための開口30bを有する平面部30aと、平面部30aの周縁から立ち上がるように形成された立ち上がり部30cとを備える。 【選択図】図4
【課題】センサのセンサ窓への水滴の付着を抑制できる自動水栓を提供する。【解決手段】自動水栓10は、吐水管本体部14aと、検知対象物の存否を検知する自動センサ24と、自動センサ24により検知対象物が検知された場合に吐水する吐水口部材と、自動センサ24を吐水管本体部14aの先端部14cの内部に保持する保持部材30とを備える。保持部材30は、自動センサ24のセンサ窓24aを露出させるための開口30bを有する平面部30aと、平面部30aの周縁から立ち上がるように形成された立ち上がり部30cとを備える。【選択図】図4
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an automatic water tap capable of restraining water droplets from adhering to a sensor window of a sensor.SOLUTION: An automatic water tap 10 includes: a water discharge pipe body part 14a; an automatic sensor 24 for detecting the presence or absence of a detection object; a spout member for discharging water when the detection object is detected by the automatic sensor 24; and a holding member 30 for holding the automatic sensor 24 within a tip 14c of the water discharge pipe body part 14a. The holding member 30 comprises a plane part 30a having an opening 30b for exposing a sensor window 24a of the automatic sensor 24, and a raised part 30c that is formed in such a shape as to be raised from a peripheral edge of the plane part 30a.SELECTED DRAWING: Figure 4

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle