ワークの特性測定装置およびワークの特性測定方法

Work characteristic measuring device and work characteristic measuring method

Abstract

【課題】ワークの低硬度部に傷を付けることなく固定してワークに対して精度良く特性測定を行なう。 【解決手段】ワークの特性測定装置100は、搬送テーブル2の外周部に設けられ、ワーク収納孔内に収納されたワークW1の特性測定を行なうワークの特性検査部10を備えている。ワークの特性検査部10は、ワークW1に当接してワークの特性検査を行なう検査部材P1a、P1bと、ワーク収納孔内3のワークW1をワーク収納孔3のうち開口部に対向する内壁3si、5s側に向って固定する固定手段15とを有している。各ワーク収納孔3の内壁3si、5sにワークW1が内壁3si、5sに当接した場合にワークW1の低硬度部を逃がす切欠部3siが形成されている。 【選択図】図9
PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately perform characteristic measurement to work by being fixed without damaging a low stiffness portion of the work.SOLUTION: A work characteristic measuring device 100 is equipped with a work characteristic inspection portion 10 which is provided on an outer peripheral portion of a carrying table 2, and performs the characteristic measurement of work W1 stored in a work storing hole. The work characteristic inspection portion 10 has inspection members P1a and P1b abutting on the work W1 to perform work characteristic inspection, and fixing means 15 for fixing the work W1 in the work storing hole 3 toward inner walls 3si and 5s sides opposite to an opening portion of the work storing hole 3. On the inner walls 3si and 5s of each work storing hole 3, a notch portion 3si releasing a low stiffness portion of the work W1 when the work W1 abuts on the inner walls 3si and 5s is formed.SELECTED DRAWING: Figure 9
【課題】ワークの低硬度部に傷を付けることなく固定してワークに対して精度良く特性測定を行なう。【解決手段】ワークの特性測定装置100は、搬送テーブル2の外周部に設けられ、ワーク収納孔内に収納されたワークW1の特性測定を行なうワークの特性検査部10を備えている。ワークの特性検査部10は、ワークW1に当接してワークの特性検査を行なう検査部材P1a、P1bと、ワーク収納孔内3のワークW1をワーク収納孔3のうち開口部に対向する内壁3si、5s側に向って固定する固定手段15とを有している。各ワーク収納孔3の内壁3si、5sにワークW1が内壁3si、5sに当接した場合にワークW1の低硬度部を逃がす切欠部3siが形成されている。【選択図】図9

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle